グロッソスティグマ 長期間育ててみた感想

こんにちは。私です。お久しぶりです。

グロッソも調子良くぐんぐんと育ってきています。結構長期間、育成できていると思うのでまとめてみました。

トリミングの難易度は低い

一度根っこを張ってしまえば、雑にばっさばっさと、トリミングしてしまっても大丈夫です。切ったところから、葉っぱが生えてくるので安心して丸坊主にしてやりましょう。

ただ、伸びてきたときにトリミングをサボると、どんどん光の当たらないところから枯れていきます。定期的にトリミングをしてあげる必要があります。

苔が生えると面倒くさい

とにかく面倒くさいです。葉っぱにくっついてしまうと除去する手段は、「トリミング」か「苔取り生態の大量導入」だけになってしまいます。とにかく苔を発生させないことが重要です。

グロッソスティグマにコケがついた時の対処法
こんにちは。めがねさんです。グロッソちゃん非常に元気です。状態も良いのでコケも発生しませんが、以前は発生していました。 その時の対応した方法を書いてみます。 グロッソスティグマにはコケが付きやすい? グロッソスティグマは育て方の関...

光合成による気泡はつきにくい

リシアやマツモのように、光合成するとどんどん気泡をあげる感じではないです。控えめにポツポツと気泡を出す感じですね。たくさん気泡を上げてきれいな水槽を目指すには向かない感じです。

絨毯状にするのも難しくない

難易度は低めです。しっかりと光量だけ確保できれば自然と絨毯状になっていきます。絨毯状にするには、少しコツが必要です。それは、「一気にすべて丸刈りにすること」です。

成長の速度が異なるので、一括でトリミングをして背丈を整えないとゴツゴツした感じになります。

 

初心者向けの水草だと思います

初期の段階だけ乗り越えれば、かなり簡単に育成することのできる水草だと思います。敷き詰めると、かなりきれいに仕上がります。ぜひ挑戦してみてください。

 

では。